【気になる介護?ニュース】デイサービス共同送迎の実験中

ニュース

11月29日(月)

ダイハツ工業が共同送迎サービスを実験

ダイハツ工業
https://www.daihatsu.com/jp/news/2021/20211125-1.html

去年も行ったそうですが、香川県の三豊市で通所介護事業所の送迎を共同で行う実験を開始しました。

確かに送迎を専門人員で行えば、効率的な運航が可能かもしれません。
一日の業務でヘトヘトになった介護職員が送迎することはデメリットも多く、
過去に何度も事故が報道されています。

気になる点は

  • 送り迎え時の家族等との情報交換がスムーズにいくか
    職員はただ送り迎えをしているだけでなく、家族との情報交換を行っています。家族とのコミュニケーションの中で情報を引き出していくこともありますが、その点は難しくなってしまうでしょう。
  • ご利用者様の異変に気付けるか
    歩行状態がおかしい、目がうつろ、表情が違う、手の動きが鈍いなどご利用者様の状態も送迎時にはチェックしていますが、個人差も大きいので送迎専門の職員が気付けるか疑問です。
  • 送迎の線引き
    指定された部屋までの迎えや送りは難しそうです。玄関までの送りを徹底する必要があります。

まとめ

要支援クラスのご利用者様かつ、送迎時家族の在宅、家族が正確な情報提供可能ならば有意義かと思います。車両維持費や人件費も共同ならば一定のコスト削減が見込めそうですね。

そう、コロナ禍でなければ!

同一法人の他施設間とも接触を避けてきたのに、接触ルートを増やすわけには行きません。
最悪、同一地域の施設から職員が消えて応援体制も崩壊します。

コロナがインフルエンザと同程度の脅威になるころになったら期待しようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました