職員への注意喚起と言う制限が公表されました

新型コロナウイルス

厚生労働省の施設用ページ( 介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について) から職員への注意喚起が出ています。

3月19日の「公表の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」( 新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(3月19日 でも少しだけ触れられていましたが、3月25日に
社会福祉施設等職員に対する新型コロナウイルス集団発生防止に係る注意喚起」の周知について医療や介護・福祉など高齢者に接する機会がある人は一層の感染対策が求められるとしています。

大前提として強制してはならない

休日の行動に強い制限を設けた場合は勤務時間と見なされる可能性があります。
法律的な解釈は専門家では無いので判断できませんが、
施設独自の判断で「休日は買い物以外外出禁止」などと強制されたら休日ではありません。

施設側としては絶対に強制はしてはいけません。
しかし、職員側としてもこの時期にライブハウスやパチンコで感染しましたとなったら、
同僚から良識を疑われます。当然施設側からの信頼もマイナスに振り切れるでしょう。
職員も最低限の外出に留めるよう努力しましょう。

もとめられること

自分や家族の状態の確認

勤務日は当然、体温測定を行っているでしょう。しかし、世界的大流行の現在では
さらに注意をするべきではないでしょうか?

・勤務日以外でも毎日体温測定。
・同居家族も体温測定と体調不良の確認。

ここまで気を付けていれば、感染の把握も早いです。
また、万が一感染した場合も最大限の注意を払っていたことが評価されます。

感染リスクの高い場所へは行かない

を避けて外出しましょう!
と協力のお願いが厚生労働省から出ています。

換気の悪い密閉空間

個室で集まってワイワイやるのは避けた方が良いでしょう。
カラオケもひとりカラオケ以外は問題かもしれません。

多数が集まる密閉場所

買い物は当然問題ありません。生活に絶対必要です。

外食は出来るだけ避けて持ち帰りにしましょう。

遊園地なども狭い空間に人が集まるアトラクションもあるので避けたいところです。
現に閉鎖している遊園地も数多く見られます。

宴会、ライブハウス、パチンコ屋、競馬場は今の時期は避けないと言い訳が効きません。

間近で会話や発生する密接場面

外食での店内飲食は避けましょう。皆さんマスクを外して喋ってらっしゃいます。
個室がある場合も換気が悪いとウイルスが残留している可能性もあります。
少人数での自宅でお茶会程度にしておきましょう。

まとめ

正直言って安月給の介護職に医師や看護師のような制限を設けられても困ります。
介護だけでは生活できない、子供のために3つの密に該当するような場所で副業している人間もいるのが現状です。

とはいえご利用者様のことを考えれば、今回の要請には当然従うべきです。
自分自身から感染を広めたとなると私ならば心が耐えられません。
特に、自分の不注意からともなると…

インフルエンザとは違い新型コロナウイルスは感染経路が特定されます。
人に恥じることの無い行動を取りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました