【施設名公表、経過観察中】東京都江戸川区のデイサービスにて感染者判明(最初の感染確認 R2.12.26)

新型コロナ発生施設

ご利用者様1名、職員2名。計3名の感染が確認されています。

江戸川区ホームページ
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/
※施設名公表

株式会社エルダリーケアサービス デイホーム ゆりの木 江戸川
http://www.elderly.jp/
※自主公表

経緯


12月21日(月)
12月22日(火)
12月23日(水)
12月24日(木)
12月25日(金):ご利用者様①。デイ利用中に発熱、咳発症。途中帰宅。受診、PCR検査実施。
12月26日():ご利用者様①。PCR検査の結果、陽性が判明
         職員a。最終出勤日
12月27日(
12月28日(月):職員a。医療機関にてPCR検査実施。
12月29日(火):職員a。PCR検査の結果、陽性が判明
12月30日(水)
12月31日(木):職員b。発熱発症
1月1日(金)  :職員b。医療機関を受診。PCR検査実施。陽性が判明
1月2日() 
1月3日() 
1月4日(月) 
1月5日(火)  :江戸川区が第1報を公表、施設名公表
         法人が第1報を公表
1月6日(水) 
1月7日(木) 
1月8日(金) 
1月9日() 
1月10日(

考察

江戸川区の情報によると、事業所が自主的にPCR検査を行い職員の陽性が判明しています。

感染者が出た時点で、素早く対応することによってクラスター前に抑え込める確率は上げられることは間違いありません(残念ながら運次第なので、行動の早さが確実に結果に結びつくとは限らないでしょう)

この時点で施設名が公表されたと言うことは、施設側からも公表を許可したのでしょう。
早期に感染拡大を防止するため、法人としての対応も素晴らしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました