【施設名公表、三重県5例目のクラスター】三重県鈴鹿市の特別養護老人ホームにて集団感染判明(最初の感染確認 R2.8.29、クラスター認定 R2.8.31、終息 R2.9.28)

新型コロナ発生施設

ご利用者様19名、職員1名。計20名の陽性が判明

ご利用者様が逝去されました。ご冥福をお祈り申し上げます。

三重県が5事例目のクラスターと認定。

※1月26日追記
全面修正、現在の形式に統一

三重県ホームページ
https://www.pref.mie.lg.jp/

社会福祉法人 伊勢湾福祉会 特別養護老人ホーム 伊勢マリンホーム
https://isemarin.jp/
※法人による自主公表

経緯

8月12日(水):ご利用者様(三重県370)37℃台の発熱、咳あり。解熱。
8月14日(金):ご利用者様(三重県377)37℃台の発熱、その後解熱。
8月15日(土):ご利用者様(三重県370)37℃台の発熱、咳あり。解熱。18日まで継続
8月19日(水):職員(三重県368)最終出勤日
8月21日(金):ご利用者様(三重県375)37℃台の発熱、その後解熱。咳が22日まで継続
        職員(三重県368)37.1℃発熱、間接筋肉痛。受診
8月22日(土):職員(三重県368)解熱。味覚障害、嗅覚障害が29日まで継続
8月23日(日)
8月24日(月):ご利用者様(三重県380)37℃台の発熱、25日まで
8月25日(火)
8月26日(水)
8月27日(木):ご利用者様(三重県372)37℃~38℃の発熱。30日までに解熱
        職員(三重県368)受診。検体採取
8月28日(金):ご利用者様(三重県379)38℃台の発熱、その後解熱。
        ご利用者様(三重県380)37℃台の発熱が以後継続
8月29日(土):職員(三重県368)陽性が判明。入院
8月30日(日):法人が第1報を公表
        ご利用者様7名(三重県389、390、400、427、428、458~460)検体採取、陰性を確認
8月31日(月):ご利用者様11名(三重県370~380)陽性が判明、入院。
        法人が第2報を公表
        三重県が第1報を公表。施設名公表、クラスター認定※「〇新型コロナウイルス感染症クラスター(5事例目)について」
9月1日(火) :法人が第3報を公表
        三重県が第2報を公表
9月2日(水):ご利用者様2名(三重県389、390)発熱発症
9月3日(木):ご利用者様2名(三重県389、390)発熱等のためPCR検査実施陽性が判明
       ご利用者様(三重県400)発熱発症
9月4日(金):三重県が第3報を公表
       法人が第4報を公表
       ご利用者様(三重県400)発熱等のためPCR検査実施陽性が判明
9月5日(土):三重県が第4報を公表
       法人が第5報を公表
       ご利用者様2名(三重県427、428)発熱発症
9月6日(日):ご利用者様2名(三重県427、428)発熱等のためPCR検査実施陽性が判明
9月7日(月):三重県が第5報を公表
       法人が第6報を公表
9月8日(火)
9月9日(水)
9月10日(木):ご利用者様(三重県458)発熱発症
9月11日(金)
9月12日(土):今までの陰性確認者に再度検査実施
        ご利用者様3名(三重県458~460)陽性が判明
9月13日(日):三重県が第6報を公表
        法人が第7報を公表

10月23日(金):三重県が最終報(第7報)を公表、終息

11月11日(水):感染対策費用としてクラウドファンディング実施

考察

陽性が判明したご利用者様は即入院できており、職員も書状発症後は勤務せず。

法人は陽性判明後に即公表。

行政、法人ともに陽性判明後は対応が素早く、集団感染発生後の対応は安心です。

ただ、気になるのは職員が8月22日(土)に発熱は解熱したものの、味覚・嗅覚障害が出た後です。
検体採取まで5日間もかかっています。

検査体制が整っていないのでしょうが、介護職員の検査が遅れると取り返しのつかない事態となっていしまいます。

現に陽性のご利用者様の中には8月12日(水)から発症している方もいらっしゃいました。

検査体制の強化を願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました